空が気持ちいい

比較的暖かく感じる正午過ぎ
見事な空の蒼と雲の対比。成る程、秋の終焉を感じさせるる風。今日は風が強い。

自宅でオタク

昨日は風が強かった。木の葉が路上に踊っていた。そして一夜明けた時、路肩には銀杏の葉が落ちていた。玄関先の落ち葉を掃いていた時、「写真は足元から・・・」と誰かが言っていたのを思い出した。

無責任な風に乗って、この葉がまた運ばれて玄関先に転がって来るだろうと、掃除しながら考えていた。
近くにバス停があり、若い人達がマスクをしてガヤガヤ楽しそうに話している。都内へ行くのであろうか?何処に行くにせよ、この三連休はコロナを爆発させないように心掛けて欲しいものです。「自宅でオタク」koribitoは考えていた。

赤い空

2階の窓が赤くみえる。
思わず、カメラを持って2階に上がると、カメラに電池が入っていない事に気づき、「あれ?」
急いで電池を取りに1階に戻った。慌てて、足の親指をドアにぶっけた。「痛い、」でも大丈夫だ。

こんな空は滅多にない。しばし見つめている空は刻々と変わりゆく。気温が急に高くなった為なのか?