ひとり

朝起きてひとり
洗濯を干しながらひとり
食事をしながらひとり
テレビのドラマを見終わってから気がつくとふとひとり
仏壇に手をあわせてひとり
何をするのにも一人なんだとしみじみ思う。
ただ、自分一人で考えて、結論出して進むしかない現実。
こうしている時にも時間はたち、空間は広がって行く。
時は過ぎ、状況は刻々と変化してゆく。
今後近未来がどこに向かって行くのか誰にも分からない。
だからこそ今がいちばん大切な瞬間なのです。